永田町駅の中古マンション一覧

現在の検索条件

市・区を変更する×
沿線・駅を変更する× JR山手線
JR総武線
JR中央線
JR京浜東北線
JR京葉線
JR総武本線
JR横須賀線
JR東海道本線
JR上野東京ライン
東京メトロ丸ノ内線
東京メトロ有楽町線
東京メトロ日比谷線
東京メトロ千代田線
東京メトロ南北線
東京メトロ銀座線
東京メトロ東西線
東京メトロ半蔵門線
都営地下鉄大江戸線
都営地下鉄三田線
都営地下鉄新宿線
東京メトロ副都心線
つくばエクスプレス
JR埼京線
JR湘南新宿ライン
京王電鉄京王線
京王電鉄井の頭線
京王電鉄京王新線
東急電鉄田園都市線
東急電鉄東横線
都営地下鉄浅草線
京浜急行電鉄本線
小田急電鉄小田原線
ゆりかもめ臨海線
東京モノレール羽田線
東武鉄道亀戸線
閉じる ×
沿線・駅変更:永田町駅物件種別:中古マンション

永田町駅の中古マンションをこだわりから探す

東京メトロ有楽町線の中古マンション情報

東京メトロ有楽町線の駅周辺のマンション情報を詳しくご覧いただけます。

東京メトロ南北線の中古マンション情報

東京メトロ南北線の駅周辺のマンション情報を詳しくご覧いただけます。

東京メトロ半蔵門線の中古マンション情報

東京メトロ半蔵門線の駅周辺のマンション情報を詳しくご覧いただけます。

永田町駅のマンション一覧

東京メトロ有楽町線永田町駅の基本情報

東京メトロ有楽町線の『永田町駅』は、1974年(昭和49年)に設立された駅です。地下鉄の有楽町線・南北線・半蔵門線の3路線が乗り入れする駅で、地下3階に南北線、地下4階に有楽町線、地下6階に半蔵門線のホームがあります。有楽町線のホームから半蔵門線に乗り換えるには、エスカレーターを利用し下階のホームへ移動します。有楽町線から南北線へとつながる連絡通路には、動く歩道が設置されています。改札を出なくても利用できる駅構内の「Echika Fit永田町」には、カフェや軽食、レストランなど7つの飲食店が入っています。『永田町駅』1番出口すぐには「参議院会館」があり、「国会議事堂」へは、徒歩3分で行くことができます。およそ17年かけて作られた「国会議事堂」は、石の博物館とも言われており、正面から見て左が衆議院、右が参議院です。平日は誰でも見学ができるので、修学旅行の人気コース。正面には和洋異なる二つの庭や滝や鯉の泳ぐ池があり、桜やハナミズキなど様々な花が咲き誇る官邸のオアシスです。庭園に隣接する「憲政記念館」は、議会政治に関する貴重資料の展示施設で、講演会や特別展が催されています。『永田町駅』の2番出口から徒歩5分に位置する「国立国会図書館」。日本で出版された書籍や雑誌、市販されていない学術論文や地図などを全て収集し保存しています。一般の人は18歳以上から入れるので、卒論などを書くための資料閲覧で利用する人が多いです。駅周辺は日本の政治の中枢となる場所。「国会議事堂」をはじめ行政機関の集まるエリアですが、『永田町駅』の利用者の多くはサラリーマンやOL。周辺には飲食店が充実しており、庶民的な値段でランチができるのも魅力です。

停車する電車
東京メトロ南北線:普通電車、東京メトロ有楽町線:普通電車、東京地下鉄半蔵門線:普通電車
主要駅への所要時間
『池袋駅』まで15分(東京メトロ有楽町線)
主要駅からの終電
(平日):『池袋駅』から00:05発 (土日):『池袋駅』から23:59発
施設
参議院会館、憲政記念館、国立国会図書館、国会議事堂、Echika Fit永田町

東京メトロ南北線永田町駅の基本情報

東京メトロ南北線の『永田町駅』は、東京都千代田区永田町1丁目にある駅です。東京メトロの南北線、有楽町線、半蔵門線が乗り入れ、地下の各階に位置しています。各線の乗り換えには、エスカレーターや動く歩道が設置されています。また、同じく東京メトロの銀座線、丸ノ内線の通る『赤坂見附駅』にも地下でつながっています。多くの乗り換え客が行き来する駅構内には、「Echika Fit永田町」という7つの飲食店からなるカフェテリアがあり、パンやスイーツなどの軽食から和食・洋食まで、気軽に立ち寄れるお店が並んでいます。バリアフリー化された構内は、エレベーターやオスメイト、車椅子対応トイレなどに困りません。3番出口からすぐのところに、「自由民主党本部」があります。与党である自民党に属する首相や大臣が記者会見を行う場所です。北東へ5分ほど進むと、「最高裁判所」があります。日本の司法機関で最高峰の裁判所です。予約をすれば見学もできるので、修学旅行の一環として学生も多く訪れています。『永田町駅』の9番b出口より1分の位置には「都道府県会館」があります。災害などによる被害者の支援を行う財団法人です。そこから西へ進むと、お洒落なショップが集まる「東京ガーデンテラス」や、「ホテルニューオータニ」があります。『永田町駅』周辺には「千代田区立麹町中学校」や「日比谷高等学校」があることから、学習環境も整った街だと言えます。政界の街というイメージのある永田町ですが、近くにはホテルや学校もあり、『永田町駅』を利用する多くは学生・サラリーマンやOLが多いです。飲食店も政界の方たちが食べるような高級な店が多い印象ですが、ランチなどはお手頃な値段で頂けるのも魅力です。

停車する電車
東京メトロ南北線:普通電車、東京メトロ有楽町線:普通電車、東京メトロ半蔵門線:普通電車
主要駅への所要時間
『池袋駅』まで9分 『四ツ谷駅』で東京地下鉄丸ノ内線・荻窪行に乗り換え
主要駅からの終電
(平日・土日祝):『新宿駅』(東京地下鉄丸の内線・茗荷谷行・前から6両目)00:04発、『四ツ谷駅』(東京地下鉄南北線・白金高輪行)で乗り換え
施設
国会議事堂、自由民主党本部、全国町村会館、最高裁判所、国立劇場、都道府県会館、石油会館、千代田放送会館、最高裁判所、ホテルニューオータニ、東京ガーデンテラス

東京メトロ半蔵門線永田町駅の基本情報

東京メトロ半蔵門線の『永田町駅』は、千代田区永田町1丁目にある地下鉄の駅です。1974年(昭和49年)に設立されました。有楽町線・南北線・半蔵門線の3路線が乗り入れする駅で、地下3階に南北線、地下4階に有楽町線、地下6階に半蔵門線のホームがあります。半蔵門線の駅は地下36mにあり、東京地下鉄で3番目に深い駅です。ホームは各線とも離れて設置されており、有楽町線・南北線に乗り換えの際は、通常の3倍近くのエスカレーターを利用します。半蔵門線のホームは、『赤坂見附駅』とも繋がっており、銀座線と丸ノ内線で乗り換えることが可能です。駅構内の地下2階には「Echika Fit永田町」という飲食店エリアがあります。7つの飲食店が軒を連ね、気軽に休憩ができるカフェから、しっかり食べたい時に嬉しいレストランなどバラエティ豊かです。『永田町駅』1番出口から「国会議事堂」へは、徒歩3分で行くことができます。正面から見て左が衆議院・右が参議院で、建物はシンメトリーな造りです。誰でも見学可能で、テレビでもよく目にする国会の中を見て回ることができます。周辺には「参議院議員会館」・「衆議院議員会館」・「国立国会図書館」などがあり、永田町の代名詞とも言える建物が並びます。警察や警備員も配備されているので、普通の街並みとは少し違った雰囲気です。一方で、『赤坂見附駅』側の出口から出て弁慶橋を渡ると、「東京ガーデンパレス」や「ホテルニューオータニ」、「清水谷公園」などがあります。永田町と言えば政界の街というイメージですが、周辺にはホテルや自然あふれる公園、商業施設なども多いエリアです。各国のトップが集まる街ということで、あらゆるところに整備が行き届いているので住みやすい街でもあります。

停車する電車
東京メトロ南北線:普通電車、東京メトロ有楽町線:普通電車、東京メトロ半蔵門線:普通電車
主要駅への所要時間
『渋谷駅』まで7分(東京地下鉄半蔵門線)
主要駅からの終電
(平日):『渋谷駅』から00:15発(土日祝):『渋谷駅』から00:04発
施設
国会議事堂、参議院会館、憲政記念館、国立国会図書館、Echika Fit永田町、弁慶橋、ホテルニューオータニ、清水谷公園、