清澄白河駅の中古マンション一覧

現在の検索条件

市・区を変更する×
沿線・駅を変更する× JR山手線
JR総武線
JR中央線
JR京浜東北線
JR京葉線
JR総武本線
JR横須賀線
JR東海道本線
JR上野東京ライン
東京メトロ丸ノ内線
東京メトロ有楽町線
東京メトロ日比谷線
東京メトロ千代田線
東京メトロ南北線
東京メトロ銀座線
東京メトロ東西線
東京メトロ半蔵門線
都営地下鉄大江戸線
都営地下鉄三田線
都営地下鉄新宿線
東京メトロ副都心線
つくばエクスプレス
JR埼京線
JR湘南新宿ライン
京王電鉄京王線
京王電鉄井の頭線
京王電鉄京王新線
東急電鉄田園都市線
東急電鉄東横線
都営地下鉄浅草線
京浜急行電鉄本線
小田急電鉄小田原線
ゆりかもめ臨海線
東京モノレール羽田線
東武鉄道亀戸線
閉じる ×
沿線・駅変更:清澄白河駅物件種別:中古マンション
  • 前ページ
  • 1/1
  • 次ページ
9件中1~9件表示
並べ替え
物件価格↓ 築年数↓ 専有面積↓ 新着順↓ リフォーム済
  • 前ページ
  • 1/1
  • 次ページ
9件中1~9件表示

清澄白河駅の中古マンションをこだわりから探す

東京メトロ半蔵門線の中古マンション情報

東京メトロ半蔵門線の駅周辺のマンション情報を詳しくご覧いただけます。

都営地下鉄大江戸線の中古マンション情報

都営地下鉄大江戸線の駅周辺のマンション情報を詳しくご覧いただけます。

清澄白河駅のマンション一覧

東京メトロ半蔵門線清澄白河駅の基本情報

東京メトロ『清澄白河駅』は東京都江東区白河1丁目にある駅で、2000年(平成12年)に開業した都営地下鉄大江戸線『清澄白河駅』へ、2003年(平成15年)に東京メトロ半蔵門線が延伸開業したことにより、都営地下鉄大江戸線との接続駅になりました。島式ホーム1面2線を有する地下鉄で、2016年(平成28年)度の一日の平均乗降人員は54,201人でした。清澄通り方面、三ツ目通り方面の両改札にエスカレーターとエレベーターが設置されています。清州橋通りと清澄通りが交差する清澄三丁目交差点付近の地下に立地し、周辺には、通りに沿って店舗やマンションなどが建ち並び、近年では高層マンションが多数建設されています。『清澄白河駅』を出たすぐそばには、池が印象的な、都心とは思えない穏やかな時間を過ごすことができる清澄庭園があり、駅から徒歩3分のところには、江戸時代末期の深川の町並みを体感できる江戸深川資料館など、おすすめの文化スポットが点在しています。庭園に隣接する清澄公園には遊具や、図書館など地元住民が日常的に利用するのにも、便利な環境となっており、深川資料館通り商店街やのらくらロード商店街ではアートイベントが定期的に開催されるなど、活発な地元密着型の商店街があります。また、800mほど続く商店街を抜けると東京都現代美術館が見え、洗練されたガラス張りの外観は、清澄白河の街を「アートとカフェの街」へと進化させた立役者でもあります。近年ではアメリカ発の「ブルーボトルコーヒー」日本1号店が出店されたことで話題になるなど、昔ながらの下町らしさと流行の最先端が共存する街ということで「住みたい街」としての注目度が高まってきているようです。高層マンションから一戸建て、昭和テイストあふれるレトロな物件までバラエティに富んだ物件が揃っているのも魅力の一つとなっています。

停車する電車
普通、急行、準急
主要駅への所要時間
『新宿駅』から31分
主要駅からの終電
(平日・土日祝):『新宿』駅から00:28発(『新町新宿』駅で都営大江戸線飯田橋・両国方面(清澄白河行)に乗り換え)
施設
清澄庭園、江東区立深川図書館、深川江戸資料館、東京都現代美術館 木場公園、芭蕉稲荷、コンフォートホテル東京清澄白河

都営地下鉄大江戸線清澄白河駅の基本情報

都営地下鉄大江戸線『清澄白河駅』は東京都江東区白河1丁目にある駅で、2000年(平成12年)に開業したのち、2003年(平成15年)には東京メトロ半蔵門線の延伸開業により、接続駅となりました。島式ホーム2面3線を有する地下鉄で、両国・春日方面と大門・光が丘方面に向かって電車が走っており、清澄通り方面、三ツ目通り方面の両改札にエスカレーターとエレベーターが設置されています。2016年(平成28年)度の一日の平均乗降人員は41,032人。この都営地下鉄大江戸線の『清澄白河駅』のホームの壁面には、「20世紀文明の化石」というテーマのもと、高度経済成長期に江東区で生産された工業製品のスクラップの再利用品を展示するという趣向が凝らされています。駅周辺には、通りに沿って店舗、マンションなどが建ち並び、近年では高層マンションが多数建設されています。『清澄白河駅』を出たすぐそばには、池が印象的で、都心とは思えない穏やかな時間を過ごすことができる清澄庭園があります。また、隣接する清澄公園には遊具や、図書館などがあり、地域には深川資料館通り商店街やのらくらロード商店街といった活発な地元密着型の商店街があるなど、地元住民が日常的に利用するのにも便利な環境となっています。また、商店街を抜けると見える、洗練された外観の東京都現代美術館は、清澄白河の街を「アートとカフェの街」へと進化させた立役者でもあります。近年ではアメリカ発の「ブルーボトルコーヒー」日本1号店が出店されたことで話題になるなど、昔ながらの下町らしさと流行の最先端が共存する街ということで「住みたい街」としての注目度が高まってきているようです。高層マンションから一戸建て、昭和テイストあふれるレトロ物件までバラエティに富んだ物件が揃っているのも魅力の一つとなっています。

停車する電車
普通電車
主要駅への所要時間
『新宿駅』から31分
主要駅からの終電
(平日・土日祝):『新宿』駅から00:28発(『新町新宿』駅で都営大江戸線飯田橋・両国方面(清澄白河行)に乗り換え)
施設
清澄庭園、江東区立深川図書館、深川江戸資料館、東京都現代美術館 木場公園、芭蕉稲荷、コンフォートホテル東京清澄白河