神保町駅の中古マンション一覧

現在の検索条件

市・区を変更する×
沿線・駅を変更する× JR山手線
JR総武線
JR中央線
JR京浜東北線
JR京葉線
JR総武本線
JR横須賀線
JR東海道本線
JR上野東京ライン
東京メトロ丸ノ内線
東京メトロ有楽町線
東京メトロ日比谷線
東京メトロ千代田線
東京メトロ南北線
東京メトロ銀座線
東京メトロ東西線
東京メトロ半蔵門線
都営地下鉄大江戸線
都営地下鉄三田線
都営地下鉄新宿線
東京メトロ副都心線
つくばエクスプレス
JR埼京線
JR湘南新宿ライン
京王電鉄京王線
京王電鉄井の頭線
京王電鉄京王新線
東急電鉄田園都市線
東急電鉄東横線
都営地下鉄浅草線
京浜急行電鉄本線
小田急電鉄小田原線
ゆりかもめ臨海線
東京モノレール羽田線
東武鉄道亀戸線
閉じる ×
沿線・駅変更:神保町駅物件種別:中古マンション

神保町駅の中古マンションをこだわりから探す

東京メトロ半蔵門線の中古マンション情報

東京メトロ半蔵門線の駅周辺のマンション情報を詳しくご覧いただけます。

都営地下鉄三田線の中古マンション情報

都営地下鉄三田線の駅周辺のマンション情報を詳しくご覧いただけます。

都営地下鉄新宿線の中古マンション情報

都営地下鉄新宿線の駅周辺のマンション情報を詳しくご覧いただけます。

神保町駅のマンション一覧

東京メトロ半蔵門線神保町駅の基本情報

東京メトロ半蔵門線乗り入れの『神保町駅』は、東京都千代田区の神田にある駅です。都営地下鉄三田線と新宿線の乗り入れ駅でもあり、接続駅として機能しています。3つの路線すべてに駅番号が付与され、都営地下鉄の駅には『専修大学前』という副駅名も設けられています。半蔵門線を利用する際の駅は新宿線の線路下に位置しているため、階段を上り下りして改札を行き来することとなります。半蔵門線の隣駅となる『九段下駅』までは、わずか400mと半蔵門線のなかで最も短い距離。駅前の靖国通り沿いを中心として180店舗もの古書店が軒を連ねており、駅エリアは古書店街として有名です。また、明治大学や日本大学など複数の大学が集まる学生街としても知られ、「日本のカルチェラタン」と呼ばれるほど。『神保町駅』エリアが古書店街として発展したのは、学生たちが使用しなくなった教科書を売っていたことがはじまりとなっています。古書店と新書店を含めると、本の街として世界最大規模です。年に一度、秋に1週間ほど行われる神田古本まつりでは100万冊の古本が約500mにもわたって並び、大バーゲンが開催されます。また、同じ時期に開催される神保町ブックフェスティバルも音楽コンサートや朗読会、作家のサイン会などが行われる神保町の一大イベントです。駅のA6出口を出てすぐの場所にある岩波ホールは1968年(昭和43年)2月に開業し、当初は映画講座、音楽サークル、学術講座、古典芸能シリーズの4本を柱とした催しを行っていました。1974年(昭和49年)以降は主に映画館として、利用されています。1980年(昭和55年)代に入ると、ミニシアターの先駆けである岩波ホールを真似た200席前後の小劇場が増え、ミニシアターのブームが訪れました。

停車する電車
都営地下鉄三田線普通、急行電車 都営地下鉄新宿線普通、急行電車 東京メトロ半蔵門線普通、準急、急行電車
主要駅への所要時間
『渋谷駅』まで14分(東京地下鉄半蔵門線)
主要駅からの終電
『渋谷駅』から00:15発(東京地下鉄半蔵門線)00:28着
施設
書泉グランデ、三省堂書店神保町本店、学士会館、岩波ホール、駿河台日本大学病院、大原学園東京校、東京YMCA会館、神田古書店街、明治大学博物館

都営地下鉄三田線神保町駅の基本情報

都営地下鉄三田線『神保町駅』は、東京都千代田区神田神保町2丁目1にある駅です。1972年(昭和47年)に都営地下鉄6号線の駅として開業し、1978年(昭和53年)に三田線に路線名が改称され、2004年(平成16年)の営団地下鉄民営化で引き継がれました。駅の構造は、地下2階に改札口、地下3階に1面2線式のホームがあり、東京都交通局新宿線や東京地下鉄半蔵門線とも通路で繋がっています。都営バスと千代田区の乗り合いバス「風ぐるま」が利用でき、乗り場はA4・A5出口北側とA6・A7出口南側です。タクシー利用の際は、A6・A8出口付近に乗り場があります。『神保町駅』界隈は、言わずと知れた本の街。駅前にある神田古書店街は、各ジャンルの専門書を扱う小型店舗が軒を連ねています。駅東側に広がる、御茶ノ水エリアと合わせて日本最大の学生街と称されるため、本にまつわる歴史は古く、明治時代から書店や出版社が密集する場所でした。本を片手にコーヒーや軽食を楽しめる昔ながらの喫茶店のほかに、楽器店、スポーツ用品店なども豊富です。また、数多いリーズナブルな飲食店は学生の味方。複合スーパーはありませんが、成城石井神保町店や中小商店、コンビニ、薬局、100円ショップなど生活に必要な店舗は点在します。駅南側には緑豊かな皇居が広がり、敷地続きにある日本武道館や東京国立近代美術館、科学技術館はイベントや展示が楽しめる施設。『神保町駅』周辺は、日中はビジネスマンなど人通りが多く、夜も街灯や飲食店の照明が明るく照らすので、生活圏としては安全と言えます。路線が複数乗り入れるため移動の便も良く、日常生活も快適なエリアです。

停車する電車
都営地下鉄三田線普通電車、都営地下鉄新宿線普通電車
主要駅への所要時間
『新宿駅』まで14分(東京都交通局三田線)から『水道橋駅』でJR中央総武線各停に乗り換え
主要駅からの終電
平日:『新宿駅』から(JR中央総武線各停)00:00発、『水道橋駅』(東京都交通局三田線)乗り換え 土日祝:『新宿駅』から(JR中央総武線各停)23:58発、『水道橋駅』(東京都交通局三田線)乗り換え
施設
ヴィラフォンテーヌ神保町、サクラホテル神保町、神田古書店街、三省堂書店、小学館、成城石井神保町店、皇居、日本武道館、東京国立博物館、科学技術館、学士会館

都営地下鉄新宿線神保町駅の基本情報

都営地下鉄新宿線『神保町駅』は、東京都千代田区神田神保町2丁目にある駅です。都営地下鉄の駅は副駅名として、「専修大学前」。1972年(昭和47年)に都営地下鉄6号線が開業し、1978年(昭和53年)都営地下鉄6号線が三田線に改称されました。その後1980年(昭和55年)に都営地下鉄新宿線が開業され乗換駅となり、1989年(平成元年)に半蔵門線の駅が開業され、都営地下鉄と乗り換え業務が始まり現在に至ります。半蔵門線は新宿線の線路の下にあるので、駅の構造上、改札に出入りするには階段を利用します。近くには、たくさんの学校や会社があり、多くの人が生活を送っている場所となっています。バス路線は、地下鉄が充実しているので『池袋駅』から『春日野駅』を通って一ツ橋まで平日の朝に3回と土曜日の朝2回しか行っていません。2015年(平成27年)まで、千代田区地域福祉交通「風ぐるま」は千代田区立高齢者センターの前に停留所がありましたが、「かがやきプラザ」に移転したので、路線ごと改編されたので、周辺には停留所が設置されませんでした。しかし、2016年(平成28年)にルートを改編し、停留所名称は違うものの、都営バス都02乙系統と一緒にする形で停留所が設置されています。神保町は、世界一の古書店街といわれており、駅周辺には「神田神保町古書店街」があります。国内の豆本を豊富に取り揃える「豆本専門店」や和本(江戸時代以前の版本、写本)から現代書作家作品まで取り扱っている誠心堂書店などがあります。それから、神保町には昔ながらの老舗の飲食店もたくさんあり人々に長年親しまれています。少し行くと「学士会館」があり、その中では宿泊や結婚式、同窓会やパーティをすることもできるので多くの人に活用されています。

停車する電車
都営地下鉄三田線、都営地下鉄新宿線、東京メトロ半蔵門線 普通電車
主要駅への所要時間
『新宿駅』まで9分(普通)
主要駅からの終電
『新宿駅』から23:59発(普通)
施設
日本大学、学士会館、東京YWCA会館、神田古書店街 - 世界でも有数の規模を持つ古書店街 ジョンソン・エンド・ジョンソン日本本社、岩波ホール、書泉グランデ、靖国通り、白山通り 神保町花月、日本教育会館