飯田橋駅の中古マンション一覧

現在の検索条件

市・区を変更する×
沿線・駅を変更する× JR山手線
JR総武線
JR中央線
JR京浜東北線
JR京葉線
JR総武本線
JR横須賀線
JR東海道本線
JR上野東京ライン
東京メトロ丸ノ内線
東京メトロ有楽町線
東京メトロ日比谷線
東京メトロ千代田線
東京メトロ南北線
東京メトロ銀座線
東京メトロ東西線
東京メトロ半蔵門線
都営地下鉄大江戸線
都営地下鉄三田線
都営地下鉄新宿線
東京メトロ副都心線
つくばエクスプレス
JR埼京線
JR湘南新宿ライン
京王電鉄京王線
京王電鉄井の頭線
京王電鉄京王新線
東急電鉄田園都市線
東急電鉄東横線
都営地下鉄浅草線
京浜急行電鉄本線
小田急電鉄小田原線
ゆりかもめ臨海線
東京モノレール羽田線
東武鉄道亀戸線
閉じる ×
沿線・駅変更:飯田橋駅物件種別:中古マンション
  • 前ページ
  • 1/1
  • 次ページ
5件中1~5件表示
並べ替え
物件価格↓ 築年数↓ 専有面積↓ 新着順↓ リフォーム済
  • 前ページ
  • 1/1
  • 次ページ
5件中1~5件表示

飯田橋駅の中古マンションをこだわりから探す

JR総武線の中古マンション情報

JR総武線の駅周辺のマンション情報を詳しくご覧いただけます。

JR中央線の中古マンション情報

JR中央線の駅周辺のマンション情報を詳しくご覧いただけます。

東京メトロ有楽町線の中古マンション情報

東京メトロ有楽町線の駅周辺のマンション情報を詳しくご覧いただけます。

東京メトロ南北線の中古マンション情報

東京メトロ南北線の駅周辺のマンション情報を詳しくご覧いただけます。

東京メトロ東西線の中古マンション情報

東京メトロ東西線の駅周辺のマンション情報を詳しくご覧いただけます。

都営地下鉄大江戸線の中古マンション情報

都営地下鉄大江戸線の駅周辺のマンション情報を詳しくご覧いただけます。

飯田橋駅のマンション一覧

JR総武線飯田橋駅の基本情報

JR『飯田橋駅』は、東京都千代田区飯田橋4丁目にある駅です。JR東日本(中央・総武線)、東京メトロ(東西線、有楽町線、南北線)、都営地下鉄(大江戸線)の3社の電車が通ります。関東大震災復興後の1928年(昭和3年)に、元々設置されていた牛込駅と飯田町駅を統合して『飯田橋駅』が設立されました。駅の構造は、JRは高架駅となっており、改札のある1階と、高架ホームのある2階です。東京メトロ・都営地下鉄の地下鉄エリアは、地下1階が改札や店舗のコンコース、地下2階がと地下6階が駅ホームとなっています。バスは「都営飯田橋駅前」停留所があり、タクシーは駅東口から乗車可能です。JRエリアの駅構内には、コンビニエンスストアと飲食店があり、地下鉄エリアの駅構内には、「ナチュラルローソン」、「スターバックスコーヒー」、「ユニクロ」等の店舗があります。また、駅ビル「飯田橋セントラルプラザ ラムラ」が、駅の北西、東口と西口の間にあり、低層階には店舗が入居しており、上層階には住宅棟と事務棟が入居。駅周辺の西側には、江戸文化の風情残る「神楽坂」エリアがあり、政治界や球界等の各界の大物が集まる料亭が集まっています。駅周辺の東側には、「東京ドーム」、「東京ドームシティアトラクションズ」などの有名観光スポットや、「小石川後楽園(旧水戸藩江戸上屋敷跡)」、「東京大神宮」、「靖国神社」などの歴史文化財があります。また、「東京理工大学 神楽坂キャンパス」をはじめとする教育機関や、「飯田橋グラン・ブルーム」や「アイガーデンテラス」といった複合施設、「ホテルメトロポリタン エドモンド」、企業オフィスなどが多数あり、人とモノが集まる元気なエリアです。

停車する電車
JR東日本(中央・総武線)普通電車 東京メトロ(東西線、有楽町線、南北線)普通・急行電車 都営地下鉄(大江戸線)普通電車
主要駅への所要時間
『池袋駅』から10分(東京メトロ有楽町線)
主要駅からの終電
『池袋駅』から 平日0:05(東京メトロ有楽町線新木場行) 土日祝11:59(東京メトロ有楽町線新木場行)
施設
ナチュラルローソン スターバックスコーヒー ユニクロ ヒロタ 他

JR中央線飯田橋駅の基本情報

JR中央線『飯田橋駅』は、東京都千代田区にある駅です。1894年(明治27年)に開業した牛込駅との駅間が近かったため、関東大震災の復興工事の際に飯田町駅を統合し、1928年(昭和3年)に開業されました。『飯田橋駅』ではホームの東側(東京方面)が一部大きくカーブしており、ホームと電車との間にできる隙間が危険との懸念がありました。そのため直線区間に移動し、電車とホームの隙間をなくす工事をするため、2016年(平成28年)8月から仮駅舎での営業を開始し、現在は2020年頃の完成を目指しています。ホーム移設と同時に、西口駅舎の建て替えとバリアフリー化する計画や、東口駅舎は残し、旧ホームを東口への連絡通路にする、駅前広場を設けるなどの計画があり、これまでとは違う新しい『飯田橋駅』の誕生に期待が集まっています。『飯田橋駅』からほど近い場所にある日中友好会館美術館は、中国の絵画や陶芸などが展示され、貴重な作品を見ることができます。また、春には桜、6月には花菖蒲が鮮やかな小石川後楽園は、『飯田橋駅』から徒歩10分程のところにあります。花を鑑賞してのんびりと散策し、自然の空気に触れることができる緑いっぱいの庭園は、都心であることも忘れさせてくれる程です。縁結びとして広く知られているのが、1880年(明治13年)に創建された東京大神宮です。当初は日比谷にありましたが、関東大震災後に現在地に移り飯田橋大神宮となり、戦後に現在の社名なりました。恋愛のパワースポットにもなっている東京大神宮は、縁結びを祈願する女性の参拝者も多くあり、時に神前結婚式も行われています。また『飯田橋駅』からは東京ドームも近く、様々な店舗が入った飯田橋ラムラでは食事やショッピングもでき、一日飽きることなく過ごせます。

停車する電車
JR中央線、普通電車
主要駅への所要時間
『新宿駅』まで12分(普通)
主要駅からの終電
『新宿駅』から00:40発(普通)
施設
小石川後楽園、日中友好会館美術館、神楽坂、小石川諏訪神社、東京大神宮、東京ドーム、東京ドームシティ、飯田橋ラムラ、ラクーア

東京メトロ有楽町線飯田橋駅の基本情報

東京都千代田区に位置する駅、東京メトロ有楽町線『飯田橋駅』は、JR東日本・東京地下鉄・都営地下鉄の3社が乗り入れていて、各路線への接続駅になっています。中でも、東京地下鉄有楽町線『飯田橋駅』は、最も低い地下3階に位置している駅です。千葉方面へは永田町・有楽町を経由して新木場まで乗り換えなしで約23分、埼玉方面へは池袋を経由して和光市まで乗り換えなしで約29分と隣県へもアクセスしやすいのが魅力。駅からバスを利用する場合は、最寄りの『飯田橋駅前』停留所が便利です。他にも、文京区の循環バスBーぐるの『小石川後楽園入口』、『後楽一丁目』停留所があり、周辺住民の足として多くの人に利用されています。駅には、複合型のショッピングモール、飯田橋セントラルプラザラムラが隣接。どの時間帯もたくさんの人で賑わっています。レストラン、日用品、ファッションまで揃っているので、仕事帰りや学校帰りに食事をしたり、気軽に買い物を楽しんだりできるのが魅力です。その他にも駅周辺には、高層ビルやマンションが多数建設されています。新しい建物が多い一方で小石川後楽園、東京大神宮などの風情ある建物や緑が多いものこのエリアの特長。また、飯田橋駅から徒歩約17分の場所には、プロ野球東京読売ジャイアンツのホームグラウンドとして知られる東京ドームがあります。野球の試合以外にも、アーティストやアイドルのコンサート、各種イベントが開催されているため、年間通じて楽しめる場所です。また、大規模ショッピングモールのラクーアや、本格的なアトラクションが揃う東京ドームアトラクションズ、東京ドームホテルが併設されており、観光客のみならず、家族連れや若者が多く人気のエリアになっています。

停車する電車
東京メトロ有楽町線 普通電車・東京メトロ東西線普通電車・東京メトロ南北線普通電車・都営地下鉄大江戸線・JR中央総武線普通電車
主要駅への所要時間
『池袋駅』まで9分
主要駅からの終電
『池袋駅』から(平日)00:05(土日祝)23:59
施設
皇居外堀、飯田橋セントラルプラザラムラ、アイガーデンエア、飯田橋プラーノ、飯田橋グラン・ブルーム、ホテルグランドパレス、東京しごとセンター、小石川後楽園、東京大神宮

東京メトロ南北線飯田橋駅の基本情報

『飯田橋駅』は、東京都新宿区神楽坂一丁目13にあり、1894年(明治27年)に設立された歴史ある駅です。元々は、従来設置されていた『牛込駅』と『飯田町駅』の近距離の電車ホームを離し、統合するため開業した経緯があります。現在は、JR東日本と東京メトロ、都営地下鉄の三社が乗り入れて、接続駅として機能。そして東京メトロの東西線と南北線が交差する唯一の駅として多くの人に利用されています。駅の構造は、南北線は島式ホームで一面二線を所持する地下駅です。ホームは、東西線は目白通りに、有楽町線及び南北線は外堀通りにあるため、改札が別に設置されています。その為、乗り換えの時には一旦改札を出なければいけません。一日の平均乗降人数は、2016年(平成28年)統計で、190,749人と、増加傾向にあり、乗り換えも含めて大規模な駅です。駅の周辺には、ショッピングモールとオフィス街、高層マンションが混在しており、「RAMLA」「飯田橋サクラテラス」などがあります。中でも「飯田橋セントラルプラザ ラムラ」は、JRの駅の北西側にある駅ビルで、低層階は店舗、その上には住宅棟、事務棟があり事務棟には東京都の関連団体が入っています。ショッピングだけではなくオフィスや居住空間も一つになっている利便性の高さから幅広い年齢層の人に人気です。また、近くには、「東京大神宮」や「靖国神社」「外濠公園」などの有名観光スポットが点在しており、特に「外濠公園」は飯田橋から四ツ谷の外堀に沿う形の公園で、春になれば二キロの桜歩道になり観光客に人気のスポットです。『飯田橋駅』は、通勤、通学や観光客にも多く利用されている賑やかなエリアです。

停車する電車
東京メトロ南北線 普通電車
主要駅への所要時間
『新宿駅』7分(東京地下鉄南北線)『四ツ谷駅』4分、乗り換え『四ツ谷駅』(東京地下鉄丸の内線)
主要駅からの終電
『新宿駅』(東京地下鉄丸の内線)00:04発から『四ツ谷駅』まで、乗り換え『四ツ谷駅』(東京地下鉄南北線)00:17発00:20着
施設
アイガーデンエア、東京レジデンス、東京大神宮、神楽坂通り、毘沙門天善国寺、CANAL CAFE、東京セントラルユースホステル、アパホテル(飯田橋駅前)

東京メトロ東西線飯田橋駅の基本情報

東京メトロ東西線『飯田橋駅』は、東京都千代田区飯田橋4丁目にある地下鉄の駅です。東京メトロ・都営地下鉄・JR東日本が乗り入れる接続ターミナルになっています。1894年(明治27年)に御茶ノ水から八王子を走る、甲武鉄道の『牛込駅』として開業。その後、1923年(大正12年)に起こった関東大震災の復興のため、複々線化工事が進められ、当時の『飯田町駅』と『牛込駅』が統合し、現在の『飯田橋駅』が開業しました。現在は発車メロディーを導入するなど、より親しみやすい駅になっています。この駅の構造上、東西線と、南北線・有楽町線は改札が異なるため、乗り換えの際には、一度改札を出ないといけません。『飯田橋駅』の最寄りの駅のひとつである『飯田橋駅前』停留所からは、高田馬場・小滝車庫方面への路線バスと、千代田区が運営する乗り合いバス「風ぐるま」で千代田区の施設、区内の福祉施設へと足を運ぶことが可能です。『飯田橋駅』周辺には、多くの複合ビルが立ち並んでいます。1984年(昭和59年)に開業した「飯田橋セントラルプラザラムラ」は、『飯田橋駅』に隣接し、東口・西口どちらからも便利な場所にあります。7:00から営業しているカフェ・軽食店は出勤前に利用できるお店として人気です。『飯田橋駅』から徒歩6分の場所には、2014年(平成26年)に開業した「飯田橋グラン・ブルーム」があります。旧警察病院や、富士見町教会などが入り、「職」と「住」、さらには「商業施設」を融合させた造りになっています。多様な施設が揃い、利便性と人気が高く注目のエリアとなっています。また、近隣には「日本歯科大学」「東京理科大学神楽坂キャンパス」「法政大学市ヶ谷キャンパス」「東京観光専門学校」などの学校があり、学生が多い街です。

停車する電車
東京メトロ有楽町線 普通電車・東京メトロ東西線普通電車・東京メトロ南北線普通電車・都営地下鉄大江戸線・JR中央総武線普通電車
主要駅への所要時間
『渋谷駅』まで12分 (東京地下鉄半蔵門線押上行『九段下駅』で乗り換え)
主要駅からの終電
『渋谷駅』から (平日)00:15発 東京地下鉄蔵門線清澄白河行『九段下駅』乗り換え (土日祝)00:06発 東京地下鉄銀座線上野行『赤坂見附駅』から『永田町駅』まで徒歩、東京地下鉄有楽町線池袋行に乗り換え
施設
皇居外堀、飯田橋セントラルプラザラムラ、アイガーデンエア、飯田橋プラーノ、飯田橋グラン・ブルーム、ホテルグランドパレス、東京しごとセンター、小石川後楽園、東京大神宮

都営地下鉄大江戸線飯田橋駅の基本情報

都営地下鉄大江戸線『飯田橋駅』は東京都文京区1丁目にある駅です。2000年(平成12年)に開業した大江戸線『飯田橋駅』のホームは、地下32.1mにあり大江戸線の中でも7番目に深いホームといわれています。大江戸線で一番深い駅は『六本木駅』で、地下約42mの位置にホームがあります。都営地下鉄は東京メトロを避けるように張り巡らされている為、このように深い位置に造られました。大江戸線『飯田橋駅』のC3出口から徒歩2分程の所にある「小石川後楽園」は、江戸時代の初期に水戸藩初代藩主の嫡子となる光圀が改修し、完成させた美しい庭園です。東京ドームよりも広い敷地内には美しい湖や多くの木々、歴史的な建造物があり、都心であることを忘れてしまう程の情景。都会のオアシスとしても知られている観光スポットです。見所満載で四季折々の表情が観られる「小石川後楽園」は午前9時から午後5時まで開園していて、入園料は一般が300円・65歳以上が150円・小学生と都内在住の中学生は無料となっています。JR『飯田橋駅』から程近くにあり、東京のお伊勢さまと言われている「東京大神宮」は、明治時代に創建された神社です。太陽の女神・男女の結びの象徴・絶世の美女の神様が祀られていて、縁結びにご利益があり多くの女性が参拝しています。基本的な拝礼は「二礼・二拍手・一礼」。拝礼時間は午前8時から午後7時までです。『飯田橋駅』周辺では再開発が進められていて、2003年(平成15年)には「アイガーデンテラス」、2009年(平成21年)には「飯田橋プラーノ」、2014年(平成26年)には「飯田橋サクラパーク」ができました。今後も駅周辺での「交通機能整備」「大災害時対策」を重視した再開発が予定されており、今後の発展に期待できるエリアです。

停車する電車
都営地下鉄大江戸線、普通電車
主要駅への所要時間
『新宿駅』まで12分 都営大江戸線『都庁前駅』から『新宿駅』まで徒歩
主要駅からの終電
『新宿駅』から00:19発 『都庁前駅』で乗り換え
施設
小石川後楽園、日中友好会館美術館、神楽坂、小石川諏訪神社、東京大神宮、飯田橋セントラルプラザ ラムラ、ラクーア