中古マンション売却のポイント

同じ中古マンションを売却するにもコツがあります。
ワッフルならではの強みを知ってください。

01

まずはじっくり、お話しましょう

「自宅マンションを売りたいんだけど・・・」と不動産会社に相談すると、
おそらくまっさきに返ってる答えは「それでは査定させてください」です。

ワッフルでは、まずお客様のお話をじっくりお伺いすることにしています。
そもそもなぜご自宅を売ろうと思われたのでしょうか?
みなさん、さまざまな理由でご自宅の売却を検討されています。
もしお買い替えなら、次のお住まいのお引渡しと
タイミングを合わせたいですよね。
財産分与ならば、できるだけ早く売れたほうがいい。
単純な資産処分で、のんびりでもいいという方も中にはいらっしゃいます。

ご売却の背景によって、売却方法や売却価格は変わってきます。
また、ときには「実は売却しないほうがいい」となることも。
お客様にとって最適な売却を一緒に考え、
「ストレスのない売却活動」をワッフルがサポートしていきます。

02

適正価格って、大事なんです

「売主様のご希望の金額で売りに出しましょう」
売却を任せてほしい不動産会社の担当者はよくそのセリフを使います。
耳触りはいいのですが、そこにはリスクもあるので気をつけてください。

周辺相場からかけ離れた金額で売りに出した場合、内見が入らず、
結局何ヶ月も売れ残ってしまうことになります。
お住まい探しをされるお客様もインターネット等で情報を収集されるので、
その物件が高いか安いかというのはよくご存知なのです。

一度「売れ残り物件」の烙印を押されると、ずるずると金額を下げることになり、
当初想定していた最低ラインを下回ることも往々にしてあります。
ワッフルでは適正価格を提示し、ただ物件をお預かりすることはいたしません。

03

オープンに? それとも、こっそりと?

ワッフルで売却物件をお預かりした場合、主要ポータルサイトに情報を掲載します。
スーモ、ホームズ、オウチーノ、アットホーム、
ヤフー不動産、楽天不動産、@ニフティ不動産など、
総合で月間閲覧数約20万PV、約300件のお問い合わせを頂戴しています。
オープンな環境で、できるだけ早く、できるだけ高く売却が実現するよう努めます。

一方で、周りに売却を知られたくないお客様も意外と多くいらっしゃいます。
そのような場合は、たとえば周辺へのチラシ配布は実施しないなど、
プライバシーに配慮した売却活動を行っていきます。


またワッフルでは、「夜間の訪問」や
「私服での訪問」「喫茶店でのご相談」など、
お客様のご要望に応じた接客対応を実践していますので、
お気軽にご相談ください。

04

リノベーションで、ベストマッチを

ワッフルでは、お住まい探しをされているお客様に対して、
中古マンションの購入とリノベーションをセットで行う「中古×リノベ」を積極的に提案しています。

リノベーション前提で物件探しをされるお客様とマッチングするため、
ご売却されるマンションの築年数が古かったり、
建物の維持状態が多少悪かったりしても心配はご無用です。

また、売主様のご負担で室内をリフォームするという方法もあります。
クロスの貼替えやハウスクリーニングなど、一部でも綺麗にすることで物件の印象は断然よくなり、
早期売却につながります。

05

売れないときも、保証の安心

不動産の売却方法には、大きくわけて次の2つの方法があります。
売却希望の方と購入希望の方の間に不動産会社が入って取引を成立させる「仲介」と、
不動産業者が物件を直接買取る「買取」です。

仲介においては相場がすべて。
相場よりも高ければ売れづらく、安ければ早期売却が期待できます。
ただ、適正価格であっても、タイミングが合わず売却が遅れる場合もあります。
とはいえ、買取価格は通常の相場価格より下回る傾向が強いため、
いきなり買取というのはできれば避けたいですよね。

ワッフルでは「買取保証つき仲介」を導入しており、
お住み替えなどで時期が決まっているお客様にご利用いただいています。
一定期間仲介として売りに出し、万が一売れなかった場合は、
あらかじめお約束した時期にお約束した金額でワッフルが買取する
というものです。
買取専門の部署がご相談を承っています。