中古マンション売却の流れ

まずは価格査定から?売却活動ってどんなもの?
中古マンション売却の流れについて説明します。

01
ご相談・ヒアリング

「家を売る」というのは一生のうちでそう何度もあることではなく、ほとんどの人が初めて。
だから、なにかと不安がつきものです。
どこの不動産会社に依頼すればいいのか、いくらで売りに出せばいいのか、基準もわかりませんよね。

まずはワッフルまでお問い合わせを。サイトのフォームからでも、お電話でも結構です。
お客様のご状況をお伺いし、どのような売却方法がいいのか、そもそも売却すべきなのか、
ご提案させていただきます。

サイトにはスタッフ情報も載せていますので、ぜひご覧くださいね。

02
机上査定・訪問査定

査定には「机上査定」「訪問査定」の2種類あり、どちらも無料です。

  • 机上査定

    机上査定は、エリアの相場や最新の取引事例から査定します。

  • 訪問査定

    訪問査定では、マンションの管理状態やお部屋の使用状況、雰囲気、眺望、駅からマンションまでの道のりなど、現場でしかわからない部分を確認・調査し、机上査定よりも精度の高い査定額を算出することができます。

03
媒介契約

「媒介」は「仲介」と同じ意味で、取引の仲立ちをするものです。
売出価格を決め、実際にご自宅を売りに出すことになったときに、
売主様と不動産会社の間で結ばれるのが媒介契約。

これは希望する仲介のサービス内容と、その対価である手数料などを明確にするための契約です。
なお、媒介契約には専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。

04
広告活動・集客

媒介契約を結ぶと、いよいよ売却活動がスタート。
インターネット広告を中心に、幅広く告知していきます。
できるだけ多くの方にご自宅を内見してもらうようにしましょう。
「家を売っているのを周りにあまり知られたくない」という場合は、
プライバシーに配慮した売却活動を行っていきますので、どうぞご安心ください。

05
ご案内

週末になると購入希望の方が内見に訪れ、案内中はなにかと気を遣うことも多いもの。
また、「本当に売れるのかな?」「今の価格で大丈夫だろうか?」と不安にもなりがちです。

どれくらい問い合わせがあったか、案内回数はどれくらいか、
ワッフルは売却活動の動向をしっかりとご報告いたします。

また、売主様一人ひとりに担当が付きますので、365日いつでもご連絡いただけます
(LINEでのやり取りも可能)。些細なご心配事もお気軽にご相談ください。

06
ご成約

買主様との間で不動産売買契約を交わします。契約書に署名・捺印いただき、買主様から手付金を受領。
マンションの給排水設備などについて告知事項がある場合は、
契約の際に買主様に伝えるようにしてください。

07
ご決済・お引渡し

契約から約1~3ヶ月後に決済・引渡しの日を迎えます。
売主様、買主様、不動産会社、司法書士が集まり、金融機関にて残代金の決済。
買主様から残代金を受け取って、マンションの鍵を引渡します。
そして、司法書士が所有権の移転手続きを行い、お取引は完了となります。