JR中央線の中古マンション一覧

現在の検索条件

市・区を変更する×
沿線・駅を変更する× JR山手線
JR総武線
JR中央線
JR京浜東北線
JR京葉線
JR総武本線
JR横須賀線
JR東海道本線
JR上野東京ライン
東京メトロ丸ノ内線
東京メトロ有楽町線
東京メトロ日比谷線
東京メトロ千代田線
東京メトロ南北線
東京メトロ銀座線
東京メトロ東西線
東京メトロ半蔵門線
都営地下鉄大江戸線
都営地下鉄三田線
都営地下鉄新宿線
東京メトロ副都心線
つくばエクスプレス
JR埼京線
JR湘南新宿ライン
京王電鉄京王線
京王電鉄井の頭線
京王電鉄京王新線
東急電鉄田園都市線
東急電鉄東横線
都営地下鉄浅草線
京浜急行電鉄本線
小田急電鉄小田原線
ゆりかもめ臨海線
東京モノレール羽田線
東武鉄道亀戸線
閉じる ×
物件種別:中古マンション
  • 前ページ
  • 1/1
  • 次ページ
1件中1~1件表示
条件を変更↓
間取り
物件価格
築年数
専有面積
駅までの所要時間
該当件数1
並べ替え
物件価格↓ 築年数↓ 専有面積↓ 新着順↓ リフォーム済
  • 前ページ
  • 1/1
  • 次ページ
1件中1~1件表示

JR中央線の特徴

JR中央線は、中央本線とも呼ばれ、始発の『東京』駅から、長野県の『塩尻』駅を経由し終点の『名古屋』駅までを結ぶ鉄道路線です。『東京』駅から、『塩尻』駅までは、JR東日本の管轄となり、『塩尻』駅から『名古屋』駅までは、JR東海の管轄となります。路線図を見ると東京から塩尻まで西に向かいながら上って行き、塩尻を頂点として、名古屋まで下るといった形になります。その間の駅数は112駅あり、全走行距離にして397㎞程となります。日本を代表する都市から都市を結ぶ路線であり、その中間に自然豊かな長野県を経由することになります。『東京』駅を出発した後、主な乗り換えが多い駅は、『東京』駅と『新宿』駅ですが、他にも、『神田』駅、『御茶ノ水』駅、『飯田橋』駅、『市ヶ谷』駅、『四ツ谷』駅、『代々木』駅等があり、それ以降も一つ置き位に、乗り換えが可能となっています。沿線には、駅から徒歩10分程で行ける奥多摩温泉、八王子温泉があり、『武蔵野』駅、『三鷹』駅からは、無料送迎バス付の温泉もあり、都会の中でゆっくりと自然を満喫することができるのが、JR中央線の特徴と言えます。東京都市圏と、郊外の分岐点となっている『高尾』駅を過ぎると、急に静かな山岳地帯になり、都会の街並みから離れ、自然の風景を目にすることができます。しかし、上野原市、大月市は昭和の末期頃から、東京への通勤圏となっているため、通勤時間帯は列車本数も多く、かなりの混雑となっています。相模湖を過ぎ、やがて山梨県に入ると、季節によっては、桃の花で満開の景色や、ぶどう畑を目にしながら両側の沿線の風景を楽しむことができます。『甲府』駅、『小淵沢』駅を過ぎると標高の高い長野県に入り、夏には涼しい高原地帯を通り抜けます。日本のスイスとも言われている諏訪市、岡谷氏を諏訪湖沿いに走りながら抜け、『塩尻』駅を過ぎると、「寝覚の床」で有名な木曽谷の渓谷があり、大自然を目の当たりにすることになります。その後は、岐阜県に入り、しばらく続いた自然の風景から住宅地へと姿を変えることになります。『多治見』駅を過ぎ、愛知県に入ると、やがて都会の街並みへと変化をします。『木曽根』駅は、名古屋ドームへの経由駅であるために、野球の試合や、その他のイベント等がある場合には、大変な混雑となります。また、『木曽根』駅から『名古屋』駅までの各駅では名古屋市営地下鉄との接続があることにより、終日の賑わいとなります。終点の『名古屋』駅では、始発の『東京』駅と同様さまざまな方面への乗り換えが可能であり、中部地方最大の駅で有名となっています。また、鉄道だけではなく、バス路線も充実され多数のバス事業者が介入し、多くの人の足を多方面へと運んでいます。1999年(平成11年)に完成された駅ビルである「JRセントラルタワーズ」は、世界一の広さの売り場面積であるとも言われ、人気スポットの一つとなっています。また、駅弁の激戦区ともいわれ、名古屋独自の食文化にも触れることができます。

RAILWAY

JR中央線の駅情報

JR中央線の駅や不動産の情報を詳しくご覧いただけます。

JR中央線沿線から中古マンションを探す