都営地下鉄大江戸線の中古マンション一覧

現在の検索条件

市・区を変更する×
沿線・駅を変更する× JR山手線
JR総武線
JR中央線
JR京浜東北線
JR京葉線
JR総武本線
JR横須賀線
JR東海道本線
JR上野東京ライン
東京メトロ丸ノ内線
東京メトロ有楽町線
東京メトロ日比谷線
東京メトロ千代田線
東京メトロ南北線
東京メトロ銀座線
東京メトロ東西線
東京メトロ半蔵門線
都営地下鉄大江戸線
都営地下鉄三田線
都営地下鉄新宿線
東京メトロ副都心線
つくばエクスプレス
JR埼京線
JR湘南新宿ライン
京王電鉄京王線
京王電鉄井の頭線
京王電鉄京王新線
東急電鉄田園都市線
東急電鉄東横線
都営地下鉄浅草線
京浜急行電鉄本線
小田急電鉄小田原線
ゆりかもめ臨海線
東京モノレール羽田線
東武鉄道亀戸線
閉じる ×
物件種別:中古マンション
  • 前ページ
  • 1/1
  • 次ページ
7件中1~7件表示
条件を変更↓
間取り
物件価格
築年数
専有面積
駅までの所要時間
該当件数7
並べ替え
物件価格↓ 築年数↓ 専有面積↓ 新着順↓ リフォーム済
  • 前ページ
  • 1/1
  • 次ページ
7件中1~7件表示

都営地下鉄大江戸線の特徴

都営地下鉄大江戸線は、鉄輪式リニアインダクションモーター推進方式の鉄道路線です。鉄輪式とは、推進力とブレーキにのみリニアモーターを使い、走行には車輪とレールを使用する方式の列車です。車高を低くすることができ、急カーブや急勾配に強いという特徴を持っています。全ての車両はアルミニウム製でリサイクルが可能になっています。運営は東京都交通局。大江戸線の名称は東京の古くからの呼び名である江戸に由来し、「大」をつけることで地理的・文化的・経済的な広がりの意味を持たせました。一般には「都営大江戸線」と呼ばれています。ラインカラー(路線色)はマゼンタ。大江戸線は『光が丘』駅から『新宿』駅までの放射部と、『新宿』駅から『都庁前』駅を反時計回りに運行する環状部で構成されています。環状運転に似ているため、運行方向は「内回り」「外回り」と呼ばれ、定期券の経路表示にも使用されています。実際には『都庁前』駅を起点として『光が丘』駅を終点とする「6の字型」で往復運転しています。正式には「内回り」がA線、「外回り」がB線。各駅での案内では「〇〇方面」で案内されています。大江戸線は全線がワンマン運転で、ホーム上は運転士がモニター画面で監視しています。都営地下鉄でワンマン運転を実施したのは大江戸線が初めてです。列車の運転は、保安装置のATC装置(自動列車制御装置)とATO装置(自動列車運転装置)によって制御されています。また、全駅にホームゲートを設置することによって安全が確保されています。大江戸線は、地下鉄としては後発のため、駅ホームが全体的に地上からかなり深い場所に設置されています。また、全線が地下を通っているトンネル構造になっているため、単一の地下鉄路線としても、地下鉄のトンネルとしても日本最長です。朝夕のラッシュ時には最短3分間隔で運行され、『都庁前』駅から飯田橋方面『清澄白河』駅、『清澄白河』駅から六本木・大門方面『光が丘』駅の区間列車が多く設定されています。日中は6分間隔で運行されており、基本的に全線往復運転となっています。『都庁前』駅では、六本木・大門方面から『飯田橋』駅方面への乗り継ぎ、飯田橋方面からの『都庁前』駅行きから『光が丘』駅行きへの乗り継ぎにかかる時間が少なくなるようにダイヤが組まれています。また、沿線での花火大会、国立競技場での大規模なイベントなどが催される際には、臨時列車が運行されることもあります。大江戸線の改札口付近には全駅、「ゆとりの空間」というパブリックアートスペースが設置されています。デザインには各地域の特色が取り入れられており、利用者が魅力を感じられる駅づくりを目指しています。

RAILWAY

都営地下鉄大江戸線の駅情報

都営地下鉄大江戸線の駅や不動産の情報を詳しくご覧いただけます。